• ICRwebのスマートフォンアプリができました。
  • ICRwebのスマートフォンアプリができました!
  • ICRwebのスマートフォンアプリができました。
  • 医薬品の開発ステージと費用/コホート研究って何?
  • 前回と同様に p値 を求める!/ランダム化によって
  • 臨床研究における8つの倫理的要件/臨床研究とそれを支えるもの
  • グループ間で生存曲線を比較したい!

ICR臨床研究入門(Introduction to Clinical Research)とは?

ICRwebは実際に臨床研究を実施する医学研究者だけではなく、それを支援するCRC(臨床研究コーディネーター)をはじめとする臨床研究専門職の方々、倫理審査委員会の委員や倫理審査委員会事務局、研究の事務的なお手伝いをする方々すべてを対象に臨床研究に必要な知識を提供するe-learningサイトです。基礎研究者、疫学者、統計学者、臨床研究のことをもっと勉強したい一般の方々も対象としています。... 続きはこちら

ICR臨床研究入門(Introduction to Clinical Research)

臨床研究の基礎知識コース(旧 臨床研究入門初級編)

このコースは、臨床研究の倫理指針の教育義務に対応するコースとなっており、すべての方に必ず受けていただく必要のあるコースです。多くの施設で倫理審査委員会に研究計画書を提出する際の必須要件として利用していただいているコースです。

対象 研究者、CRC、データマネージャ、倫理審査委員、倫理審査委員会事務局等

全講座履修コース(推奨)
最もお勧めするコースです。
すべての講座を受講し、臨床研究についての網羅的な知識を身に付けて臨床研究プロフェッショナルを目指してください。
全講座履修コース
臨床研究者コース
治療開発に関連する講座を集めたコースです。治療開発を行う研究者はぜひ全部受講してください。
臨床研究者コース
CRC・DMコース
特にがんに特化してCRCやDMが学ぶべき内容をまとめたコースです。倫理的な配慮や臨床研究の質の向上に積極的に寄与する際に必要な知識を学びます。
CRC・DMコース
倫理審査委員会コース
倫理審査委員、倫理審査委員会事務局が学ぶべき内容を集めたコースです。 臨床研究、疫学研究に関する倫理指針等、倫理審査の際の基本的な考え方を学びます。
倫理審査委員会コース
疫学者コース
観察研究を中心とした疫学研究のデザイン、効果の指標、必要な統計学の知識、疫学研究として介入研究を行う際に知っておくべき知識を学びます。
疫学者コース
患者志向型研究コース(精神・神経領域研究:旧CRT-web)
患者指向型の臨床研究のデザイン、具体的な研究の進め方、効果的な研究成果発表の作法、先輩研究者による研究のコツなどを学びます。
患者志向型研究コース(精神・神経領域研究:旧CRT-web)
一般の方
市民の皆さんだけではなく、臨床試験に携わる皆さんや倫理審査委員会委員の非専門家の皆さんへの参考資料としてもご利用いただけると思います。
一般の方
   

生物統計基礎セミナー

生物統計基礎セミナー

生物統計基礎セミナーに「サンプルサイズ計算の考え方」の講義を公開しました。

がんの多施設共同臨床試験グループJCOGの主催する、第18回JCOG臨床試験セミナー(中級編)で2015年10月10日に行われたサンプルサイズについての講義を公開しました。
この講義は、単なるサンプルサイズの計算方法ではなく、サンプルサイズ設計の考え方を知ることによって、研究デザインの立て方をより深く理解してもらおうという目的で行われました。
臨床研究の計画段階でサンプルサイズ計算が必要だと理解していても、具体的に何をどのような考えに基づいて設定すべきかわからない方は多いのではないでしょうか。
本講義では、がんのランダム化比較試験を例にして、優越性試験・非劣性試験それぞれについてサンプルサイズ計算に必要なパラメータ設定の考え方を丁寧に説明しています。
また、ICRwebアプリを用いた計算法の実例も紹介しているので、アプリを用いて実際に試して頂くと理解も深まると思います。是非、ICRwebアプリをインストールしてからご覧ください。

GCPトレーニング

GCPトレーニング

「GCPトレーニング」講座を新たに開設しました。

治験のたびにGCPトレーニングを受けていた皆様に朗報です!
ICH-GCPの原則に、研究の実施に関与する者は、その教育、訓練及び経験により、その業務を十分に遂行しうる要件を満たしてなければならないと定められています。
そのため、研究の開始前にはGCP トレーニングが必要となりますが、企業治験の場合、治験毎にトレーニングを必要とされることが多く見受けられます。
そこで、本プログラムは企業や医療機関の両方の負担を軽減するため作成されました。
また、本プログラムはTransCelerateに登録予定であり、登録後は治験用の公式プログラムとして利用できます。ただし、実際に治験用に使用される場合には、各企業にご確認の上、ご利用ください。
学習の方法ですが、テキストを読み進めていただくようになっております。
動画や音声はありませんので予めご了承ください。
再生を開始しましたら、各ページを開きまして5秒経過すると次のページに進めるようにに設定されています。また、受講後にアンケートに回答いただきますと、オンラインテストを受けることができます。
テストに合格しますと修了証が発行できます。ぜひご利用ください。
本プログラムはICRwebと日本臨床試験学が共同で開発いたしました。修了証は両者の名前で発行しています。

生存時間解析
治療の評価指標として生存時間を比較する場合や、病気の原因を調べる疫学研究で罹患率や死亡率の比を指標とする場合に必要な考え方をご紹介します。

疫学研究に関する倫理指針の解説
2007年8月全部改正・2007年11月施行となった疫学研究に関する倫理指針についてご紹介します。

CRCの視点3 インフォームドコンセント
抗がん剤の臨床試験で、患者さんに臨床試験について説明する際に注意すべきことを学ぶことができます。

臨床研究に関する倫理指針の解説
2008年7月に全部改正・2009年4月施行となった臨床研究に関する倫理指針の改正のポイントをご紹介します。

がんの臨床研究論文を読むのに必要な統計学
この講義は、臨床腫瘍学会の教育セッションBで「論文を読むために必要な統計学」というタイトルで話しているものをより丁寧に解説したものです。

プロトコール作成
臨床研究を実施する上でプロトコールに何をどのように書けばよいのかについてご紹介します。

臨床試験のためのe-Training Center:日本医師会治験促進センター

臨床試験のためのe-Training Center:日本医師会治験促進センター
https://etrain.jmacct.med.or.jp/
このサイトは、治験に携わるスタッフの更なる質の向上・維持のためインターネットを利用した学習の場を構築し、2008年より無償で提供開始されたサイトです。
ICRwebと同様、臨床研究に関する倫理指針の通知(厚生労働省発出)の中で、研究者等の教育・研修の場として、紹介されています。
質の高いプログラムを提供しながら、いつでもどこでも学習でき、楽しみながら繰り返し学習する仕組み、利用者間で情報交換できる仕組みなど、の工夫がなされ、利用者の便宜を図っています。

臨床試験・治験のe-Learning:厚労科研費研究班(H24-臨研基-一般-002)

臨床試験・治験のe-Learning:厚労科研費研究班(H24-臨研基-一般-002)
https://moodle2.umin.ac.jp/moodle/
このシステムは臨床試験・治験に携わる人材育成を目的として厚労科研費研究班(研究代表者:東京大学 小出大介)より開発されたもので、現在どなたでも無料でお使いいただけます。UMIN シングルサインオン(SSO)に対応しているので、UMIN IDをお持ちの方は新規ユーザー登録不要でお持ちのUMIN IDとパスワードでそのままお使いいただけます。
各カリキュラムに設問があり各コースの必修となっている科目で全て80点以上取得すると修了証がシステムより発行可能となります。なお修了証はPDF形式でシステムよりダウンロードできます。

ICRwebからのお知らせ

2016年05月20日
求人情報ページに新しい求人情報を掲載しました。
2016年05月16日
求人情報ページに新しい求人情報を掲載しました。
2016年05月12日
被験者保護と研究倫理講座」に新しい講義「臨床試験における倫理的課題(2016年版)」を公開しました。
2016年05月02日
求人情報ページに新しい求人情報を掲載しました。
2016年04月27日
研究の実践に必要な知識(精神・神経領域)」に、新しい講義「欠測データの対処法」を追加しました。
2016年04月21日
求人情報ページに新しい求人情報を掲載しました。
2016年04月18日
求人情報ページに新しい求人情報を掲載しました。
2016年04月14日
研究の実践に必要な知識(精神・神経領域)」に、新しい講義「臨床試験におけるサンプルサイズ計算と解析」を追加しました。
2016年04月05日
求人情報ページに新しい求人情報を掲載しました。
2016年03月31日
研究の骨格作り(精神・神経領域)」に、新しい講義「アウトカムの信頼性と妥当性(2016年版)」を追加しました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップへ