• 施設契約をご検討ください。
  • 「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に対応した研究教育
  • ICRwebのスマートフォンアプリができました!

ICR臨床研究入門(Introduction to Clinical Research)とは?

ICRwebは実際に臨床研究を実施する医学研究者だけではなく、それを支援するCRC(臨床研究コーディネーター)をはじめとする臨床研究専門職の方々、倫理審査委員会の委員や倫理審査委員会事務局、研究の事務的なお手伝いをする方々すべてを対象に臨床研究に必要な知識を提供するe-learningサイトです。基礎研究者、疫学者、統計学者、臨床研究のことをもっと勉強したい一般の方々も対象としています。... 続きはこちら

ICR臨床研究入門(Introduction to Clinical Research)

臨床研究の基礎知識(旧 臨床研究入門初級編)

この講座は、臨床研究の倫理指針の教育義務に対応する講座となっており、すべての方に必ず受けていただく必要のある講座です。多くの施設で倫理審査委員会に研究計画書を提出する際の必須要件として利用していただいている講座です。

対象 研究者、CRC、データマネージャ、倫理審査委員、倫理審査委員会事務局等

全講座履修(推奨)
最もお勧めする講座です。
すべての講座を受講し、臨床研究についての網羅的な知識を身に付けて臨床研究プロフェッショナルを目指してください。
全講座履修
臨床研究者
治療開発に関連する講座を集めた講座です。治療開発を行う研究者はぜひ全部受講してください。
臨床研究者
CRC・DM
特にがんに特化してCRCやDMが学ぶべき内容をまとめた講座です。倫理的な配慮や臨床研究の質の向上に積極的に寄与する際に必要な知識を学びます。
CRC・DM
倫理審査委員会
倫理審査委員、倫理審査委員会事務局が学ぶべき内容を集めた講座です。 臨床研究、疫学研究に関する倫理指針等、倫理審査の際の基本的な考え方を学びます。
倫理審査委員会
疫学者
観察研究を中心とした疫学研究のデザイン、効果の指標、必要な統計学の知識、疫学研究として介入研究を行う際に知っておくべき知識を学びます。
疫学者
患者志向型研究(精神・神経領域研究:旧CRT-web)
患者指向型の臨床研究のデザイン、具体的な研究の進め方、効果的な研究成果発表の作法、先輩研究者による研究のコツなどを学びます。
患者志向型研究(精神・神経領域研究:旧CRT-web)
一般の方
市民の皆さんだけではなく、臨床試験に携わる皆さんや倫理審査委員会委員の非専門家の皆さんへの参考資料としてもご利用いただけると思います。
一般の方
   

GCPトレーニング(R2対応版)

GCPトレーニング(R2対応版)

ICH-GCPの原則に、研究の実施に関与する者は、その教育、訓練及び経験により、その業務を十分に遂行しうる要件を満たしてなければならないと定められています。そのため、研究の開始前にはGCP トレーニングが必要となりますが、企業治験の場合、治験毎にトレーニングを必要とされることが多く見受けられます。そこで、本プログラムは企業や医療機関の両方の負担を軽減するため作成されました。
本プログラムはv1.0が2016年2月にTransCelerateによって認定されました。そのため、治験用の公式プログラムとしてご利用いただいております。また、ICH-GCP E6(R2)への改訂に伴い本プログラムも改定し、v2.0として2017年10月にTransCelerateに承認されました。そのため、最新のトレーニングの受講と修了証を希望の方はこちらのver2.0を受講ください。
公式プログラムとして利用は可能ですが、実際に治験用に利用される場合には、各企業にご確認の上、ご利用ください。

学習の方法ですが、テキストを読み進めていただくようになっております。
動画や音声はありませんので予めご了承ください。
再生を開始しましたら、各ページを開きまして5秒経過すると次のページに進めるに設定されています。また、受講後にアンケートに回答いただきますとオンラインテストを受けることができます。テストに合格(80%以上正解)しますと修了証が発行できます。ぜひご利用ください。

本プログラムはICRwebと日本臨床試験学会が共同で開発いたしました。修了証は両者の名前で発行しています。

再生医療研究のインフォームド・コンセント

再生医療研究のインフォームド・コンセント

本講座は、人を対象とする医学系研究に携わるすべての方を対象に、インフォームド・コンセントの重要な要素について学ぶことを目的として作成されました。再生医療を題材として使用していますが、ここで述べられている内容は、他の研究のインフォームド・コンセントにおいても共通する要素が含まれています。そのため、本講座は、再生医療に限らず、実践的インフォームド・コンセントの教材として広くご活用いただくことができます。(本講座は、『国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED) 再生医療実現拠点ネットワークプログラム 再生医療の実現化ハイウェイ課題D 「再生医療研究における倫理的課題の解決に関する研究」 代表研究者:武藤香織』により作成されました。)

臨床研究に携わるセミナー・シンポジウムのお知らせです。
臨床研究に関する教育の普及に少しでも役立てればと思います。
掲載を希望される施設は、セミナー・シンポジウムのページをこちらのお問い合わせフォームよりお知らせください。
セミナー・シンポジウムに関する問い合わせは、それぞれの施設にお願いします。
施設名・団体名

主催:京都大学iPS細胞研究所上廣倫理研究部門
後援:東京大学大学院 医学系研究科 医療倫理学分野

セミナータイトル 「アーサー・カプラン教授講演会」
演題: The ethics of compassionate use and the ‘right’ to try unapproved drugs
コンパッショネート・ユースと試す‘権利’に関する倫理(仮訳)
開 催 日 2018年12月14日(金)14:30~16:00

本講演では、カプラン教授がNYUでジョンソン・エンド・ジョンソンと先駆けて作った、倫理的かつ実用的に非常に成功しているコンパッショネート・ユース諮問委員会(CompAC)のモデルについて解説いただける予定です。
ぜひみなさまのご参加をお待ちしております。

掲載日: 2018年11月27日
施設名・団体名

慶應義塾大学病院臨床研究推進センター

セミナータイトル 第3回 臨床研究プロジェクトマネジメントワークショップ
開 催 日 2019年1月19日(土) 10:00~17:00

意地と根性では成功しない! 臨床試験のスケジュールマネジメントのコツ
本ワークショップは、研究者や研究支援者、及び医療職の方々が、無理・無駄のない効率的な臨床研究のスケジュール作成スキルを習得して頂くことをねらいとしています。ワークショップは、プロジェクトマネジメント知識体系ガイド(PMBOK Guide)をベースとした講義に加えて、小グループによる演習を取り入れた双方向性学習により構成されます。

掲載日: 2018年11月02日
施設名・団体名

千葉大学医学部附属病院 臨床試験部

セミナータイトル 初級データマネジャー養成研修
開 催 日 2019年2月15日(金)~2019年2月16日(土)

DMに関して体系的な教育を受けていない人を対象とし、DMの業務の基本から最新情報を盛り込みながら、その業務の根本的意義を理解でき、考えるデータマネジャーになることを目的としています。実務に役立つ症例報告書作成、データクリーニング、リスクベースドモニタリング、プロトコール逸脱レビュー等のグループワークを講義の中に取り入れた構成になっています。参加費無料、終了証書を発行します。

掲載日: 2018年10月12日
施設名・団体名

京都大学 臨床統計家育成コース

セミナータイトル オオサンショウウオ先生の医療統計セミナー
開 催 日 2018年3月29日(木)~

京都大学の無料公開オンライン講座KoALAにて「オオサンショウウオ先生の医療統計セミナー」が公開されます。
登録手続きは下記をご参照ください。
・学外用(http://www.highedu.kyoto-u.ac.jp/KoALA/pdf/manual.pdf
・学内用(http://www.highedu.kyoto-u.ac.jp/KoALA/pdf/manual(kyoto_university).pdf
お問い合わせは、京都大学 臨床統計家育成コースまで(kyotocbc-office@umin.ac.jp)。

掲載日: 2018年04月17日

臨床試験のためのe-Training Center:日本医師会治験促進センター

臨床試験のためのe-Training Center:日本医師会治験促進センター
https://etrain.jmacct.med.or.jp/
このサイトは、治験に携わるスタッフの更なる質の向上・維持のためインターネットを利用した学習の場を構築し、2008年より無償で提供開始されたサイトです。
ICRwebと同様、臨床研究に関する倫理指針の通知(厚生労働省発出)の中で、研究者等の教育・研修の場として、紹介されています。
質の高いプログラムを提供しながら、いつでもどこでも学習でき、楽しみながら繰り返し学習する仕組み、利用者間で情報交換できる仕組みなど、の工夫がなされ、利用者の便宜を図っています。

臨床試験・治験のe-Learning:厚労科研費研究班(H24-臨研基-一般-002)

臨床試験・治験のe-Learning:厚労科研費研究班(H24-臨研基-一般-002)
https://moodle2.umin.ac.jp/moodle/
このシステムは臨床試験・治験に携わる人材育成を目的として厚労科研費研究班(研究代表者:東京大学 小出大介)より開発されたもので、現在どなたでも無料でお使いいただけます。UMIN シングルサインオン(SSO)に対応しているので、UMIN IDをお持ちの方は新規ユーザー登録不要でお持ちのUMIN IDとパスワードでそのままお使いいただけます。
各カリキュラムに設問があり各コースの必修となっている科目で全て80点以上取得すると修了証がシステムより発行可能となります。なお修了証はPDF形式でシステムよりダウンロードできます。

ICRwebからのお知らせ

2018年12月11日
臨床研究法に基づく研究審査のための解説」に「倫理審査のポイント-倫理的観点から」を公開しました。
2018年12月11日
臨床研究法に基づく研究審査のための解説」に「研究倫理審査のポイント-科学的観点から」を公開しました。
2018年12月11日
臨床研究法に基づく研究審査のための解説」に「臨床研究法下の利益相反審査」を公開しました。
2018年12月11日
臨床研究法に基づく研究審査のための解説」に「臨床研究法の要点」を公開しました。
2018年12月11日
新しい講座「臨床研究法に基づく研究審査のための解説」を追加しました。
2018年11月30日
求人情報ページに新しい求人情報を掲載しました。
2018年11月27日
トップページにセミナー案内を掲載しました。(ページ中段のタブをご覧ください)
2018年11月20日
EORTC-JCOG PRO/QOLワークショップ2018講座」に「Quality assurance of QoL:Ensuring robustness in QoL assessment and tools」を公開しました。
2018年11月20日
EORTC-JCOG PRO/QOLワークショップ2018講座」に「Design and Analysis of PROs and HRQoL Endpoints in Cancer RCTs」を公開しました。
2018年11月20日
EORTC-JCOG PRO/QOLワークショップ2018講座」に「Patient Reported Outcome Measures (PROMS) in oncology practice.」を公開しました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップへ